何故か「フリードリヒ・ニーチェ」

  • 2020.03.04

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(独: Friedrich Wilhelm Nietzsche)は、ドイツ連邦・プロイセン王国出身の哲学者、古典文献学者。現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。古典文献学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチュルに才能を見出され、スイスのバーゼル大学古典文献学教授となって以降はプロイセン国籍を離脱して無国籍者であった。辞職した後は在野の哲学者として […]

何故か「マルクス」

  • 2020.03.03

マルクス主義とは、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスによって展開された思想をベースとして確立された社会主義思想体系の一つです。科学的社会主義とも言われる。   マルクス主義は、資本を社会の共有財産に変えることによって、労働者が資本を増殖するためだけに生きるという賃労働の悲惨な性質を廃止し、階級のない協同社会をめざすとしている。エンゲルスは1883年に「空想から科学へ」を出版し、彼やマルクス […]

「都市農場は未来の保育園になれるか?」

  • 2020.02.26

街のスカイラインの遠くの視線の下で、牛と鶏が芽吹く野菜の列をさまよう。 透明なガラス温室が周辺に点在しています。 それは普通の都市農場のように聞こえますが、この特定の場所では、監視員は幼児です。 農場、ナーサリーフィールズフォーエバーは、イタリアとオランダ出身の4人の建築家グループ(aut-aut)のビジョンです。 彼らの都市型農場での幼稚園の提案は、今年のAWR国際アイデアコンペで最優秀賞を獲得 […]

「未来のための準備」

  • 2020.02.23

「ランドスケープ・アーキテクチャによる気候変動の対応」 国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最近の報告書によると、「気候システムの温暖化は明白」だとコメントしている。これらIPCCによると、平均気温は驚くほど速く上昇していて、過去50年間で北半球の気温は、過去500年間の他の50年間、おそらく過去1,300年の間よりも高いと説明している。されにIPCCは、地球の表面温度が次の世紀に4℃も […]

「気候変動は、都市のレジリエンスに対する挑戦」

  • 2020.02.21

気候の回復力を生み出すことは、災害や緊急時の計画とは異なります。   気候変動の慢性的な影響は、単一の危険事象の影響を小さくした。これら2つの声明は、気候回復力を達成するための都市とコミュニティの根本的な課題を表しています。ハリケーンや竜巻などの単一の事象は、それらが出現する地域に物理的および社会的損害を与える可能性のある深刻な事象ですが、気候変動の唯一の影響を表すものではありません。それどころか […]

1 76