「地球の限界」 Part 1

成長が戻ってこない理由「 気候変動、汚染、事故、環境衰退、自然災害」日本の現在の悲劇的な出来事は、リチャード・ハインベルグの新書「成長の終わり」の第3章の最終的な抜粋から、これにさらに深刻な影響を与えている。

事故や自然災害には長い歴史がある。 最初は経済成長を妨げる重要な要因になっていると考えるのが奇妙なように思えるかもしれない。 しかし、2つのことが変わっている。

第1に、人口の増加と都市インフラの拡大は、自然災害や人的災害による深刻な影響をさらに深刻化させていた。例えば、米国北西部のカスカディア地域で1700年1月26日に発生したマグニチュード8.7〜9.2の地震を考えてみる。これは、最近の世紀の最も強力な地震の1つであるが、人間の死亡者の数は、記録されていないが、おそらくかなり低かったと思われる。バンクーバー(カナダ)の都市を含む同じ地域で、今日も同様の地震が発生した場合、シアトル(ワシントン州)、ポートラン(オレゴン州)では、家屋や商業ビル、高速道路、その他のインフラストラクチャへの被害は数千億ドルにも上り、人の被害は恐ろしい数になる可能性がある。 2004年のインド洋津波の致死率は、インドネシア、スリランカ、インドの低地の沿岸地域の極端な人口密度によって悪化している。 “「地球の限界」 Part 1” の続きを読む

「都市レジリエンスの選択肢を探るツールとしてのレジリエンスの原則」

はじめに(20181月記)
世界はますます都市化しており、都市は21世紀の複雑な環境、社会、経済、政治の課題に常に苦しんでいる。多くの国際機関は、都市がこれらの課題に対してより回復力を持たせる必要があると主張している。しかし、それが実際に何を意味するのかは特に明確ではない。実際には、ポリシーはしばしば流行語として「回復力」という概念を使用している。この点で、回復力の原則、すなわち都市の回復力のある特定の仕組みを定義することは、コンセプトとその適用性を明確にするのに役立つ。いくつかのケーススタディでは、そのような原則は、それらが提案した政策オプションと包括的な都市型水害の計画を評価するために使用することができるか、新しいソリューションにブレインストーミングをするためのツールとして使用することができ、そして、それらは国家の政策戦略の利害関係者の好みに比較することができる方法の例を提供している。構造的な方法で適用すると、回復力の原則は、都市の回復力の思考を比喩的な話から有意義な解に変える強力なツールを提供している。

主なコンセプト
・都市の回復力は多彩なコンセプトであり、現代都市の環境、社会、経済の課題に積極的に取り組むための困難なプロセスに役立つ。しかし、持続可能性などの他の広い概念と同様に、回復力は本質的に曖昧である。したがって、地元の選択肢や計画の意味を特定するのは難しい。

・レジリエンスの原則は、都市を回復にしたり、政策や実践がそのレジリエンスを向上させるのを助ける特定のメカニズムや行動である。それらシステムやガバナンスに集中することができる。例には、バッファリング、冗長性、体制性、システムの平坦性、ホメオスタシス(フィードバックの安定化)、および高いリソースの流れが含まれている。

・レジリエンス原理は、回復力そのものに関する概念的な曖昧性に対する解決策を提供することができる。それらは「都市回復力」の概念をより具体的にし、それを実践に移すのに役立つ。新しいソリューションの設計、提案されたオプションと計画の評価、ステークホルダーのポジションの探索に使用できる。

・このような原則は、状況、都市システムや構成要素、過去、現在、将来を想定した反復性評価の幅広いプロセスに適用することができる。そのような評価には、脆弱性分析、アセスメント計画、統合された都市計画などがある。本質的に、これらの評価には、選択的に掘り下げて検討すべきトレードオフがある。

・レジリエンスの原則は、都市がどのように回復力を向上させるかを明確にする強力なツールを提供している。都市がブレーンストーミングし、有意義かつ包括的な方法で都市の回復力の選択肢と計画を評価するのを支援している。

“「都市レジリエンスの選択肢を探るツールとしてのレジリエンスの原則」” の続きを読む

「土壌の健康と改善」

近年、農民が積極的に土壌の健康状態を改善するのを助ける農業政策を触媒する研究、教育、擁護活動が急増している。健康な土壌は、農業と農村の繁栄、食料安全保障と栄養改善、重要な生物多様性と生態系サービスの向上に不可欠である。前例のない政策と土壌データの開発は、土地ガバナンスにおける重要なギャップを埋めるのに役立っていくはずあるが、しかし、食の安全な未来のために健全な土壌を保障するためには、地域レベル、国レベル、世界レベルで具体的な行動と強力なリーダーシップがまだ必要である。
生活の基礎
数え切れないほど生まれ、死ぬ、肥沃さと腐敗のサイクルは、土壌を地球上の生命の基盤に変えてきた。地上の土壌のほんの一握りは、地球上の人々より多くの生物を含んでいる。 これらの微生物は、環境の機能と回復性にとって不可欠な一連の生態系サービスを提供するために無限に働いている。 地球の土壌は、最大の水フィルターと貯蔵タンクとして機能し、毎年数万キロキロメートルの水を濾過して洗浄している。土壌は、すべての植生に含まれる炭素より多くの炭素を貯蔵し、二酸化炭素および他の温室効果ガスの排出を規制している。土壌はまた、植物、動物およびあらゆる形態の生活のための分子構成単位として役立つ栄養素を消費、消化、循環および貯蔵する。

“「土壌の健康と改善」” の続きを読む

「食糧の価格」

「Nourished Planet」インドのマンゴー、イタリアのパスタ、コロンビアのコーヒー:毎日、私たちは惑星を生き生きとした生産性の高い世界的な食糧システムに栄養を与えている。現在の慣習は人間と環境の両方の健康を損ない、その結果、栄養失調と矛盾する肥満のパラドックスが生じ、人々が空腹になっている間に動物飼料やバイオ燃料に使用される作物がある。世界中の7億9500万人の栄養失調の人々に食糧を供給することができれば。しかし、食糧の30%以上が無駄になっている。

Nourished Planetでは、Barilla Center for Food&Nutritionは、自分自身を持続的に育てるためのグローバルな計画を提供していた。有名な国際的な専門家の多様な経験を基に、この本は本当に惑星の視点を提供している。エッセイとインタビューでは、ハンズ・ルドルフ・ヘレン(Hans Herren:昆虫学者・農学者)ヴァンダナ・シヴァ(Vandana Shiva:インドの哲学者、環境活動家)、Alexander Mueller(カール・アレクサンダー・ミュラー・ノーベル物理学賞を受賞)、パヴァン・スクデフ(Pavan Suhkdev・経済学者)などが紹介されている。これらのエキスパートは、すべての人にとって食べ物に向かって地図を描き、持続可能な成長のための食糧、健康のための食糧、文化のための食べ物。これらの成分を用いて、私たちは私たちの惑星と自分自身に栄養を与えることができる(内容)。 “「食糧の価格」” の続きを読む

「創造の変化のための文化づくり:企業理念社会への移行の心理的基盤」

“Hope is rooted in men’s incompletion, from which they move out in constant search – a search which can be carried out only in communion with other men. Hopelessness is a form of silence, of denying the world and fleeting from it. The dehumanization resulting from an unjust order is not a cause for despair but for hope, leading to the incessant pursuit of the humanity denied by injustice. Hope, however, does not consist in crossing one’s arms and waiting. As long as I fight, I am moved by hope, and if I fight with hope, then I can wait.” (引用:Paulo Freire 1970: 80:原文).

主に変化を悲観的に論じる主張は、しばしば、その保全を維持するためにシステムによって永続化された育成的かつ支配的な文化を反映しているようだ。文化は人間の心理や精神に影響を及ぼし、結果として経済システムについての考え方に影響を与えている。つまり、生産システムの文化や人間関係など、社会組織の一部を変更することで、その要素はミスフィット(misfit)と感じられ、変更しやすくなる 私たちは、文化は常に進化するものであることを忘れる傾向がある。 私たちは自然的として扱う。確かに、習慣や精神的枠組みから抜け出すことは困難であるが不可能ではない。 代替文化を創造するには努力が必要だが支配的な文化を維持するための努力もある。そのための問題はどこに努力するのかである。

文化と変化 – 鶏と卵:グラバー(Grazber)とウェングロー(Wengrow)はEurozine(人間の歴史を変える方法(少なくとも、既に起こった部分)の記事で、グループサイズなどの構造的要因が文化よりも人々の関係を決定づけないことを示している。宇宙論的組織は、大規模なグループでも機能することができる。

たとえ同じグループであっても、種族組織の季節的変化が実証するように、さまざまな形態のガバナンスを適用することができる。例えば、ネイティブアメリカンは、狩猟期間中に動員するために、異なる組織を採用している。安定維持を目的としたガバナンスシステムでは、生産システムを維持するために創設された機関は、互換性のある文化と人間関係の構造を開発することに関心を持っているかもしれないとピーター・グレイは、教育機関が階層に基づいて生産を維持するように設計されているということを「Free to Learn」という本で主張している。 “「創造の変化のための文化づくり:企業理念社会への移行の心理的基盤」” の続きを読む