「食糧の価格」

「Nourished Planet」インドのマンゴー、イタリアのパスタ、コロンビアのコーヒー:毎日、私たちは惑星を生き生きとした生産性の高い世界的な食糧システムに栄養を与えている。現在の慣習は人間と環境の両方の健康を損ない、その結果、栄養失調と矛盾する肥満のパラドックスが生じ、人々が空腹になっている間に動物飼料やバイオ燃料に使用される作物がある。世界中の7億9500万人の栄養失調の人々に食糧を供給することができれば。しかし、食糧の30%以上が無駄になっている。

Nourished Planetでは、Barilla Center for Food&Nutritionは、自分自身を持続的に育てるためのグローバルな計画を提供していた。有名な国際的な専門家の多様な経験を基に、この本は本当に惑星の視点を提供している。エッセイとインタビューでは、ハンズ・ルドルフ・ヘレン(Hans Herren:昆虫学者・農学者)ヴァンダナ・シヴァ(Vandana Shiva:インドの哲学者、環境活動家)、Alexander Mueller(カール・アレクサンダー・ミュラー・ノーベル物理学賞を受賞)、パヴァン・スクデフ(Pavan Suhkdev・経済学者)などが紹介されている。これらのエキスパートは、すべての人にとって食べ物に向かって地図を描き、持続可能な成長のための食糧、健康のための食糧、文化のための食べ物。これらの成分を用いて、私たちは私たちの惑星と自分自身に栄養を与えることができる(内容)。

食糧の価格」農業は食糧システムの基礎であるが。アレキサンダー・ミュラー(Alexander Müller)、農業と食品の生態系と生物多様性の経済学研究代表者(TEEBAgri Food)の見解では、「農業は、今日の世界的な政治課題の中で最も重視される政策優先事項であり、食糧安全保障への広範な影響を認識して、雇用、気候変動、人間の健康、および深刻な環境劣化を引き起こす」と述べている。

農業は社会のさまざまな側面に影響を与え、標準化された方法でそれらを監視することは、政府、企業、および消費者。その効果をより深く理解することで、すべてのアクターが、健康的な食糧と倫理的で収益性の高い持続可能な農業の慣行に対する世界的な要求を満たすために協力し合う基盤となる。

今日、食品システムに広く適用されている方法は、真のコスト会計と呼ばれる経済モデルであり、農業システムの種類に応じて、食品と農業生産の総コストを特定し定量化する。目標は、農家への公平性を高めるために食料を生産する本当のコストの透明性を向上させ、消費者にとってより手頃な価格の食品を作り、環境および公衆衛生上の影響を減少させる。食べ物の選択をするとき、食べる人は味や栄養成分を考慮することがあり、彼らはしばしば市場での食品の入手可能性の 「本当のコスト」を認識していない。食品の小売価格は、公害のコストをほとんど考慮していないが、水不足、土壌劣化、温室効果ガス排出量の増加、非栄養食品の健康への影響はもちろんである。

本当の原価計算の概念を説明するために、エイドリアン・ド・グルート・ルイス(Adrian de Groot Ruiz)、オランダに拠点を置くソーシャルエンタープライズのトゥルプライス(True Price)のエグゼクティブディレクターは、同国のゾナダマタ地域におけるブラジルのコーヒーの従来の栽培と、公正取引を含むベスト実施の農業とを比較したところ、有機農業、アグロフォレストリーの慣行が含まれる。彼は、平均して、消費者は通常の栽培コーヒー2.2ポンド当たり2ドルを支払っていた。 その2.2ポンドのコーヒー豆のためのコストは、土地利用、水、エネルギー、公害、公正で安全な労働条件の価値を考慮すると、5.17ドルであった。 対照的に、実施なコーヒーは消費者が2.2ポンド当たり2.78ドルのコストは4.58ドルである。

ルイスは4つの可能な介入を提案している。所得差別に対処するための均等な給与制度を確立し、コミュニティプログラムからのお金を、より高い個々の賃金に転用し、収量を増やし、農場で持続可能なエネルギープログラムを実施する。彼は、農家がこれらの変更を採用した場合、コーヒーの実際のコストは2.2ポンドの5年間で3.79ドルに低下するだけでなく、損失の多い農家は本当に有益であると推定していた。

不十分に機能する農業システムは、環境に有害なだけでなく、第2章で議論してたように、彼らは食糧と農業労働者の両方の健康に有害である可能性があると指摘している。 2015年に、米国では540例以上のシクロスポラ症が報告されており、シロアリが発生しているメキシコの畑の労働者が、バスルームに入れないか、畑で手を洗うことができないため、ヒトの糞便で汚染されたシロアリにつながる腸の病気がある。そして、すべての肝臓癌の約20%は、アフラトキシン(貧弱な生産および貯蔵の慣習によって引き起こされる毒性のある黴)によって汚染されたトウモロコシと関連している。特にサハラ以南のアフリカでは起こる。

これらの驚くべき事実は、壊れた食品システムの結果であり、そして、隠されたコストは、現在のシステムに革命を起こすための変化と理由のための触媒となるはずだ。本当のコストアカウンティングの方法を農業に適用することで、その影響をよりよく理解することができる。農業慣行や食糧システムは健康だけでなく、環境、社会、経済にも影響を及ぼしていることを肯定的にも否定的にも示している。

食品生産に関連する負のコストを測定することに加えて、コストアカウンティングは、地域、社会、環境への食品システムのプラスの影響を定量化するのに役立つ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です