「土壌の健康と改善」

近年、農民が積極的に土壌の健康状態を改善するのを助ける農業政策を触媒する研究、教育、擁護活動が急増している。健康な土壌は、農業と農村の繁栄、食料安全保障と栄養改善、重要な生物多様性と生態系サービスの向上に不可欠である。前例のない政策と土壌データの開発は、土地ガバナンスにおける重要なギャップを埋めるのに役立っていくはずあるが、しかし、食の安全な未来のために健全な土壌を保障するためには、地域レベル、国レベル、世界レベルで具体的な行動と強力なリーダーシップがまだ必要である。
生活の基礎
数え切れないほど生まれ、死ぬ、肥沃さと腐敗のサイクルは、土壌を地球上の生命の基盤に変えてきた。地上の土壌のほんの一握りは、地球上の人々より多くの生物を含んでいる。 これらの微生物は、環境の機能と回復性にとって不可欠な一連の生態系サービスを提供するために無限に働いている。 地球の土壌は、最大の水フィルターと貯蔵タンクとして機能し、毎年数万キロキロメートルの水を濾過して洗浄している。土壌は、すべての植生に含まれる炭素より多くの炭素を貯蔵し、二酸化炭素および他の温室効果ガスの排出を規制している。土壌はまた、植物、動物およびあらゆる形態の生活のための分子構成単位として役立つ栄養素を消費、消化、循環および貯蔵する。

“「土壌の健康と改善」” の続きを読む