「地球の限界」 Part 2

資源の不足に市場がどのように対応するのか「ゴルディロック症候群」非エネルギー資源の限界を調べる前に、市場が資源不足にどのように対応しているのか、石油は非常に関連性の高い事例として考慮する必要がある。

標準的な経済的前提は、資源が不足するにつれて、同じニーズを満たすことができる他の資源が比較されるまで価格が上昇することである。実際に何が起こったのか、準備ができていないときは、ちょっと最近の歴史と古い子供の物語の助けを借りて説明するのが最善だと言う。
米国エネルギー省と国際エネルギー機関(IEA)は、2010年までに、原油価格は1バレル当たり20ドルで推移すると予測しているが、価格は30ドル台まで高騰する可能性がある非常に悲観的なシナリオも考えている(予測は1996年時のドル)。代わりに、新しい10年をかけて、石油価格は絶えず急騰し、「悲観的な」30ドルの水準をはるかに上回った。資源の需要は、特に中国やサウジアラビアのような石油輸出国で増加している。一方、2005年以降、世界の実際の原油生産は高原に達した。完璧な機会(需要が停滞し需要が増えている必要な商品)を見て、投機家は価格をさらに高めた。価格が高騰するにつれて、石油会社や民間投資家は、離れたところや遠く離れた場所にある石油を探索するための高価なプロジェクトへの資金提供や、ビチューメン、石炭、ケロジェンなどの低品位の炭素材料から合成液体燃料を作り始める。

しかし、2008年には、1バレルの原油価格が過去最高の147ドルに達したように、OECD諸国の経済は崩壊した。航空会社と運送会社は小型化し、自動車運転者は自宅にた。石油需要が急落した。2008年末には32ドルで底をつける。しかし、この価格が低すぎるため、入手困難な石油や難しい代替品への投資は薄れてきたことで、数千億ドル相当の新エネルギープロジェクトがキャンセルまたは遅延される。しかし、業界は数年後に液体燃料の安定した流れを維持するためのプロジェクトに力を入れていた、将来の供給危機に懸念が表れ始めた。
石油会社が石油の発見と生産に必要な主要投資を行うよう動機づけることは、活動の財務的利益である。投資とリターンの間には時間差があり、価格安定性はさらなる投資に必要な条件である。ここでは難題があった。低価格は将来の供給を殺し、高値は即時の需要を殺した。オイルの価格が狭く狭まる「ゴールドロック」のバンドの中で確実にとどまった場合にのみ、深刻な問題を避けることができる。経済的な騒乱を避けるためには、価格はそれほど高くなく、あまりにも低くなくなければならない。経済の中で石油が中心的役割を果たしていることを考えると、高価格は需要を減らすだけでなく、1970年代から2008年にかけて経済を全体的に損なう助けとなる。カリフォルニア大学の経済学者、ジェームス・ハミルトン、サンディエゴ、過去50年間の石油価格のスパイクと景気後退の間に密接な相関関係を示す研究のコレクションを集めている。この相関を見てみると、注目すべきすべてのエコノミストは、原油価格が高騰した2008年から急激な不況を予測していたはずだ。「確かに、2007 – 08年の景気後退の全体を占める可能性がある。。。。2007〜08年の間に石油価格に何が起こったのか、また歴史的に推定された関係(石油価格スパイクと経済的影響の関係)を使用したかどうかを事前に知ることができたならば。
これは、過度の負債の役割と、進行中の世界的な経済危機における爆発的な不動産バブルを無視するものではない。これまでの2つの章で見たように、経済はエネルギー価格に関係なく失敗するように設定された。しかし、住宅市場の崩壊の影響は、石油を枯渇させる供給率を上げることができないことによってのみ増幅された可能性がある。ハミルトンはまた、「少なくとも「住宅」に加えて「住宅」が悪化し、景気の低迷が景気後退に転じることは明らかである。私の考えでは、自動車購入の崩壊、全体的な消費支出の減速、消費者心理の悪化などがあり、石油ショックは不可避的に寄与している。
さらに、ハミルトンは、「オイルショックと住宅問題との相互作用効果」があると指摘している。つまり、大都市圏では、2007年の住宅価格は都市中心部に近い郵便番号ではまだ上昇しているが、通勤時間が長い郵便番号の地域である。
2009年中頃までに、石油価格は “ゴジロック”の範囲内に収まっていた。それはあまりにも高くなく(経済を殺し、燃料需要を殺すように)、あまりにも低くない(将来のエネルギープロジェクトへの投資を怖がらせるためであるしたがって供給を減少させる)。そのちょうど正しい価格帯は1バレル当たり60ドルから80ドルの間にあるように見えた。

価格はゴールドロックの範囲内またはその近くにとどまることができる(この記事の執筆時点で、オイルはニューヨークでバレルあたり90ドル以上で取引されている)。世界の古い超巨大油田の生産の減少が加速し、探査費用が増加し続けるにつれ、その右の範囲の下限は必然的に上方に移行し続けるだろう。世界経済は依然として脆弱であるが、高エネルギー価格への脆弱性はより顕著であるため、80〜85ドルの石油でもそれを徐々に弱体化させ、回復の兆候を隠す可能性がある。

言い換えれば、石油価格は実質的に景気回復の上限を設定している。この問題は、石油産業が忙しさを増して石油を増やすだけで、各ユニットが安くなる場合は存在しない。しかし、「生産」と「製造」という言葉の習慣的な使用にもかかわらず、業界は石油を生産していないが、地球の地殻にある有限の店舗のものを抽出するだけでだろう。 すでに見てきたように、安く簡単なオイルはなくなっている。経済成長がピークオイルの天井に当たっている。他の重要な資源を考慮して、同じ経済現象がこのような場合にも出現する可能性があることを心に留めておく。資源が不足すると、石油の不足のように直接経済活動を窒息させる可能性がある。しかし、Goldilocks症候群がますます多くの資源を獲得するにつれて、一般的なコモディティ価格が急上昇し、繰り返し経済危機に陥り、景気を安定させる努力がなされる可能性がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です