「明日の田園都市」

「ハワード・ガーデン・シティ・オブ・トゥモロウ」は、近代都市計画の最初の専門書ですが、本と著者の誤解が多くあります。
 

厳密に言えば、「明日の田園都市」は単に都市計画の本ではなく、ハワードは伝統的な都市プランナーではありません。 ハワードの「社交的都市」の考えは、社会改革主義のユートピアンの明確な考え方を伴うが、20世紀の都市計画の歴史において最も重要で影響力のある傑作である。

「明日の田園都市:Garden Cities of To-morrow」は、イギリスの都市計画家エベネザー・ハワードの著書。
 
1898年に最初に出版された際には、『明日-真の改革にいたる平和な道』(To-morrow: A Peaceful Path to Real Reform) と題されていた。1902年に再版された際に、

『明日の田園都市』と改題された。本書を契機として、田園都市運動が起こった。
 
この本は、スラムがなく、都市の魅力(機会、娯楽、高賃金など)と農村の魅力(美しさ、新鮮な空気、低い賃料など)の両方を享受できる都市を構想したものである。ハワードは、「三つの磁石」の図によってその理念を提示している[2]。彼の理念は、資本主義の経済体系の中で、個人や共同体の必要のバランスを追求しようとするものであった。
イングランドのふたつの町、レッチワースとウェリンが、田園都市として建設された。これらの田園都市は、理念として示されたものと完全に一致するものとはならなかったが、スプロール現象を制御するひとつのモデルを提示したのであった。
Ebenezer Howard, To-morrow: A Peaceful Path to Real Reform. 表紙
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です