「雑草異文化の嫌悪」

旧ローマ:都市雑草から現代のNYCハイラインまでの考察(ジェームスコーナー(James Corner)のフィールドオペレーション(Field Operations))

イタリアの有名な芸術家であり建築家のジョバンニ・バティスタ・ピラネージ(Giovanni Battista Piranesi, 1720年*)が、18世紀のローマ時代の逸脱をヴェデートシリーズで表現することに決めたとき、雑草が引き継ぐ方法を表現する際に広めた詩の自由を取ったのは偶然ではなかった。これらは非常に詳細な銅版画の余白を調べることで、ゴボウ(Arctium lappa=牛蒡または牛旁、悪実、英: Burdock、学名: Arctium lappa L. は、キク科の多年草)やコモンリード(Phragmites australis=ヨシまたはアシ(葦、芦、蘆、葭、学名: Phragmites australis)は、イネ科ヨシ属の多年草。)などの共通のヨーロッパ雑草の役割を中心テーマとした巨大な都市を描いている。

(*)ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ(Giovanni Battista Piranesi, 1720年)は、18世紀イタリアの画家、建築家である。ローマの景観を描いた版画でも知られる。ヴェネツィア出身。1740年にローマに出て、ローマ教皇の支援を受けて古代遺跡の研究を進めた。また版画を学び、ローマの古代遺跡や都市景観を版画に描き、『ローマの古代遺跡』『ローマの景観』などを刊行した。古代遺跡を描いたピラネージの細密な版画は、新古典主義建築の展開に大きな影響を与えた。

「Giovanni Battista Piranesi」の画像検索結果

彼らの18世紀のローマにあったように、今日の人間の変化した環境の中で、このような場面は多くのスケールで一般的になり、忘れられた庭や周辺の縞模様を眺めながら、自然界ではなく、むしろ「自然」であった。自立した生態学的詩の瞬間に現れる自然のようなものである。歩道の影や亀裂、交通の回廊に沿った絡み合った大衆、あるいは産業崩壊後の荒れ果てた遺跡を通して反抗的に覗き見る。これらの厄介な「新しい生態系」は、衰退の兆候と見なされるだけでなく、それを象徴するものでもあり、それに貢献するものでもない。しかし、それは雑草をとても魅力的にする植物としての特別な地位である。 ロマンチックな模倣、巧妙なマーケティング戦略、科学的なコンセンサスのいずれの過程を経ても、雑草は、世界的に厄介な、望ましくない、または野生の側面を常に無視したり、遅らせたり、殺したりすることを常に示してきた。

“「雑草異文化の嫌悪」” の続きを読む