「ランドスケープアーキテクチャが学ぶべき気候と気象学」

気象学とは何にか?

気象と気候はすべて私たちの周囲にありり、それは私たちの仕事と遊びに影響します。年々、天気に関連する災害は、毎年何十万人もの死者を引き起こし、気象に関連した被害は、年間数十億円にのぼります。このため、気象学は私たちにとって特に重要です。気象学は以下の通りです。

  • 大気物理学:空気力学、放射測定、地磁気などの気象学に物理的プロセスを適用する。
  • ライフサイエンス:生物が気象学とどのように作用するかを理解する。
  • 気象と気候:過去、現在、未来の天気と気候を学ぶ。

気象学をさまざまな方法で分けることができます。しかしここで地質学を忘れずに見る方法があります。

  •  気象学:生物圏への影響など、短期・長期の気象/気候パターンの研究。

気象および気候:短期および長期:気象学の主な焦点は、気候/気候の化学と物理の研究です。長期的な天気パターンについては、気候学は過去と、気候変動が将来にどのように影響するかを研究します。

あなたが過去の気象パターンを具体的に研究したいと思うなら、古気候学は、先史時代の気候が地質学的な時間スケールでどのように変化したかを調べます。古気候学は熱帯低気圧に特有のものである。

一方、気圧測定の研究では、大気圧が測定され、それが気象と気候にどのように関係しているかが測定されます。地形気候学は、地形の救済とそれが下層空気層の地方気候にどのように影響するかに焦点を当てています。

“「ランドスケープアーキテクチャが学ぶべき気候と気象学」” の続きを読む