「回復力のあるインフラストラクチャーについて教えてくれる社会的昆虫」

事故、自然災害、およびランダムまたは標的型攻撃は、人的インフラを害する可能性があります。 私たちの交通ネットワーク、サプライチェーン、そして通信ネットワークは、私たちの人口が増えるにつれて、その規模が拡大し、より複雑になっています。

これらのネットワークが脆弱になったり失敗したりするのをどのように防ぎますか? 社会的な昆虫はいくらかのインスピレーションを与えるかもしれません。

「What social in...」の画像検索結果アリ、ハチ、スズメバチなどの社会的昆虫は、共通の営巣地に住んでいる彼ら。

・巣の仲間を育てるために一緒に働きます。・1つ(または少数)の「女王」がいます。

・すべての巣仲間を産む肥沃な女性(女王)を飼っている。 そして

・老いも若き個人も一緒に暮らしています。 “「回復力のあるインフラストラクチャーについて教えてくれる社会的昆虫」” の続きを読む

「グリーンインフラストラクチャー:雨水で発達する問題」

汚染問題の背景 

米国において水質汚染問題は、カイヤホガ川(オハイオ州)の1936年の火事からはじまっている。カイヤホガ川は、北西部を流れエリー湖に注ぐ河川である。河口にはクリーブランド市(工業地帯)がある。ジヤグア郡、ポーテージ郡、サミット郡、カヤホガ郡を流域とし、下流部は流れが穏やかなこともあり船舶の航行が可能であるため沿川には多くの工業が発達した。廃棄物を産生する施設は「産業発展」の象徴とされ、その陰で1868年~1969年にかけ幾度と無く火災が発生している。川の水が燃えるはずが無く、工場からの排出された廃油などが何かのきっかけで発火したものである。このように歴史的にはかなりの経済的、人的損失をだしている地域であったが、政治的に動いたのは1969年6月22日の火災が発端であった。この時、タイム誌は「ここで溺れることはない、融けてなくなってしまう」の見出しとともに表紙を飾った。連邦政府は窮したが、このことは、その後に政府機関である環境保護庁(EPA)の設立につながった。そして、水質汚染防止法、五大湖水質協定の制定と、全くかえりみられなかった環境保全に向かわせることになる。当時の規制は、「船舶の通行の妨げになる障害物」についてのみであったことから、水質は想像を絶するものであり、流域ではヒルなど最も汚染に抵抗性のある生物すら棲息が確認されなかった。その後は水質の回復を見るものの、現在でも生息する魚類などには異常が続き、汚染のため食用には適さないとの勧告が続いている。

しかし、今日では、このような漸増的な工場管など点源からの水質汚染は、道路、屋根、駐車場などからの、地表流出によって生じている。雨が降るごとに、地表の汚染物質を含んだ流出水が水路を下流へと流れていく。本来ならば、雨を吸収できる自然植生と表土が舗装されたため、この雨水には行くところがない。代わりに雨は、川、湖、沿海の汚染を高速で導いていく、高速道路ならぬ、高速水路となる。埋設管を通じて水路の中に入る雨水流は、直接汚染されており、また、土壌層を調べると浸食をもたらしている。水路の中には、ペットの汚物、道路からの流出、農薬、化学肥料、他の汚染物質などが、直接投入されており、この雨水流は、大部分の米国都市の分離雨水下水道を通り抜けてく。 “「グリーンインフラストラクチャー:雨水で発達する問題」” の続きを読む

「都市や町を成長させながら集水域を守る」

一方では、人口の増加と健全な経済から、他方では健全で持続可能な環境から選ぶ必要はありません。私達はそれを両方の方法で本当に持っています。

しかし、私たちはそれについて賢くなければなりません。私は、よりグリーンで健康的な都市や町を成長させながらそれらを実現するスマートな戦略に特に興味があります。以前の記事で、私はスマートな土地利用計画が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出削減にどのように役立つかについて書いています。同じ戦略のいくつかが私たちの水路の浄化にも役立つことがわかっています。

特に、田園地帯や自然のままの流域の一部では、郊外に広がる広がりの広がりを抑える必要があります。これにより、道路、道路、駐車場、屋上などの不浸透性の表面が必然的にもたらされます。一方、不浸透性の表面は、雨水やその他の雨が地面に染み込むのを防ぎ、代わりに雨水を流し出して、水を受け取るまでの間に大量の汚染物質を拾います。多くの都市部では、汚染された流出水が汚水の最大の原因です。

ところで、すでに開発されている分水界の一部、つまり将来の成長を可能な限り拡大したいところでは、戦略的に設計された植樹、自然の造園、緑の屋根、レインガーデンなどの改善策を講じる必要があります。雨水やその他の「グリーンインフラ」は、降水を捕獲し、それを汚染された流出物になるのではなく、徐々に地面にろ過することができる。

どちらの場合も – 未開発の景観を都市の外に保存しながら緑を広げる – 私たちは自然の機能とその美しさを利用しています。

なぜ集水域?1930年代までさかのぼる科学的、政策的、そして公共の関心の波によって証明されるように、流域が水資源の計画と管理のための健全な基盤を作るという信念は新しいものではありません。しかし、長年の期待に応えても、国は流域レベルで統合管理を実施する方法を見つけるのに苦労しています。統合的水管理に必要な基盤を提供するために必要な科学技術の多くはすでに存在しています。多くの学術的報告が、分水界アプローチから得られる潜在的な利益を強調しています。しかし、私たちは流域についての理解と統合管理の利点を行動に移すことには不十分です。意思決定者は、複雑な社会的、経済的、社会的環境的にも、環境的にも、さまざまなニーズを満たす長期的なビジョンをサポートするために、すべての要素をまとめます。流域アプローチがどこで適切であるかをどのように判断し、それを実現するためにどのようにして人とリソースの戦いの組み合わせを集めるのでしょうか。 “「都市や町を成長させながら集水域を守る」” の続きを読む