「持続可能性のタイプ」

持続可能性はシステムとプロセスの耐久性です。 この用語は、長期的に自分自身を維持する能力として定義することができます。が、 活動が持続可能であると言われるならば、そのとき一般的な考えはそれが永遠に続くことができるべきであるということです。
世界は、限られた資源、絶え間ない環境悪化、そして人口増加の観点から、持続可能性の重要性を徐々に理解してきました。 地球と人間の生活の持続可能性を全体として維持するためには、4つのタイプの持続可能性が適切に守られるべきです。

 
1)人間の持続可能性
人間の持続可能性は人間の生活の維持です。人間の持続可能性に対する主なニーズは、健康な繁殖と出産です。子育ては、人間の持続可能性を維持するために不可欠な要素です。繁殖だけでは責任の終わりではなく、十分ではありません。生殖する人々はまた、適切な教育を提供し、彼らの健康と安全に気を配り、そして彼ら自身の生活様式を維持するために世俗的な知識を身につけるべきです。子供が大人として十分に機能的であり、彼自身の生活を維持することができるとき、それらはサイクルの一部になることができます。このサイクルの健全な維持は、人間の持続可能性を維持するのに役立ちます。
 
2)経済的持続可能性
「持続可能性」という用語は、それ自体のために語っているように、指定された期間の間、十分な資本を持っています。 それらの首都の消費者は首都がその特定の期間の終わりまで持続することを確かめるべきです。これの主な目的は、資源が将来の人間のために確実に保存されるようにすることです。 経済的な持続可能性を維持するためには、資源の生産と再生は、消費率よりも速いか、少なくともそれと同じでなければなりません。
 
3)視覚の持続可能性
持続可能性の社会的側面は、将来の人類の保護にとって不可欠です。 社会は人間が居住し生活を営む場所であるため、社会の平和と主権を維持しなければなりません。 社会的持続可能性を維持するためには、法と秩序は守られなければならず、そして皆は人々のために創造された社会的価値観に従って生きるべきです。 社会的持続可能性を達成することは、将来、適切な社会において人類の持続可能性を維持するのに役立つでしょう。 これを守らないと、混乱と社会の絶滅を招くでしょう。
 
4)環境的持続可能性
私たち人間は、すべてを天然資源に頼っています。 私たちのすべてのニーズと欲求は、自然から資源を吸収することによって満たされます。 天然資源の継続的な枯渇は環境に多大な影響を及ぼします。 天然資源の劣化や不足を避けるために、自然は再生する時間を与えられなければなりません。 また、絶えず汚染され、自然よりも大量の廃棄物が堆積すると、環境が悪化します。 環境の持続可能性は、地球とその中のすべてのものの寿命を延ばすために不可欠です。
 
 
考察:4つのタイプの持続可能性はすべて相互に関連しています。私たちは、人間として、経済の中に存在し、社会の中に存在し、環境の中に存在します。人間は、持続可能性の他のすべての分野に影響を与える知識、スキル、そして行動を持った個人です。持続可能性の概念全体は、将来の世代のために持続可能な生活環境を維持するために、地球上で生き残りたいという私たちの願望のせいで生まれました。
 
4つの側面すべての持続可能性を維持することは、私たち自身の責任の下にあり、その恩恵もまた完全に私たちにとってのものです。持続可能性の重要性を認めることは、すべての人が自分たちの役割を果たすための十分な動機になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です