「Living Building Challengeの挑戦」

「簡単な歴史」Living Building Challenge(リビングビルディングチャレンジ)は、1990年代半ばに世界で最も先進的な持続可能なデザインプロジェクトを作り出すための努力の中で生まれました(モンタナ州ボーズマンのEpiCenter)。このプロジェクトは、Bob BerkebileとKath Williamsによって主導され、米国国立標準技術研究所によって資金提供されました。 BNIM、Jason F.でBerkebileと仕事をしMcLennanはEpiCenterの研究と技術ソリューションを導きました。その過程でLiving BuildingTMとして知られるものの要件を概念化し始めたことです。EpiCenterに続いて、BerkebileとMcLennanはアイデアの開発を続け、いくつかの関連記事を発表しました。

2000年に、BNIMは、さまざまなレベルのLEED®認証とともに、リビングビルの経済的および環境的影響を調べるために、David and Lucile Packard Foundationによって雇われました。調査結果はPackard Matrixと呼ばれる文書で提示されました。そして、それはリビングビルが経済的に最も賢い長期選択であることを証明し、それは多額のファーストコストプレミアムを運びました。(2009年には、研究所の居住用建物の財務調査で、初回費用のプレミアムが減少したことが証明され、特定の種類の建物では直ちに財政的な意味があります。)

2005年に、McLennanは理論的な考えを体系化された標準に変え始めました。彼は2006年8月にCascadia Green Building CouncilにLiving Building Challengeバージョン1.0を発表し、その3か月後にChallengeは正式に一般公開されています。 2007年にMcLennanは、Living Building Challengeの継続的な開発と国際展開を指揮するためにEden Brukmanを雇いました。

一緒に、Living Building Challenge 2.0を執筆し、プログラムの要件をまとめ、部分的な建物の改修から全体の構造、個々のランドスケープおよびインフラストラクチャープロジェクトから近隣全体へと、さまざまな規模の開発および設定に命令を適用する方法を示しました。

世界的な関心と関心の高まりを受けて、Cascadiaは、2009年に、Living Building Challengeとその補助プログラムの包括的な組織として、International Living Building Instituteを設立しました。研究所は2010年に最初のプロジェクトを認定しました。メキシコ、アイルランド、オーストラリア、ドイツ、イスラエル、そして世界中の他の国々からのグループが、リビングビルディングチャレンジについてもっと知り、研究所と正式な関係を築くために手を差し伸べました。世界各地の人々が希望を探しているという真実を強調し、環境的、社会的、経済的な問題への実際的対応です。

2011年の初めに、この協会は、社会的に公正で文化的に豊かで生態学的に修復可能な世界への変革を導くという使命をもって、国際生活未来研究所に改名されました。Living Building Challengeは、組織の大きな変化をもたらすための研究所の主力プログラムです。 研究所は持続可能な持続可能性のためのグローバルな解決策を提供し、根拠のある適切な解決策を生み出すために地域社会と提携し、そして彼らの想像力と革新を解き放つために個人に手を差し伸べます。

備考:Living Building Challengeは、非営利のInternational Living Future Instituteによって2006年に設立された国際的な持続可能な建築物認定プログラムです。 それは協会によって建造された環境における持続可能性の最先端の測定を促進する哲学、アドボカシーツールおよび認証プログラムとして説明されています。 それは建物 – 新築と改修の両方 からインフラ、景観、近隣、そしてコミュニティまで、あらゆる規模の開発に適用することができ、LEEDやBREEAMのような他のグリーン認証スキームとは異なります。

Water:This petal directly addresses the scarcity of water. A certified building is required to be designed to only use the amount of water that can be harvested onsite and purify the water without the use of chemicals.Projects achieving this petal often employ rainwater catchment cisterns, greywater or closed-loop systems, compostable toilets, and other techniques to reduce and recycle water(写真:ジョージア工科大学の工学バイオシステムビル).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です