「持続可能な開発の詳細」

「持続可能な開発の詳細」

持続可能な発展(記:2008年)

持続可能な開発とは、「将来の世代が自分のニーズを満たす能力を損なうことなく、現在のニーズを満たす開発」と定義されています。ニーズの概念は、単に物質的なニーズを超え、価値、関係、考える自由、行動すること、そして参加し、すべてが道徳的、精神的に持続可能な生活になります。

ストックホルムからナイロビ、リオ、ヨハネスブルグへの4つの世界サミットの30年の旅は、21世紀に持続可能な開発を達成することは選択肢ではなく必須であるということを世界に知らせました。

1972年にストックホルムで開催された国連会議では、健康で生産的な世界に対する人権を確保するために、環境とその生物多様性を保護および強化することへの懸念が強調されました。開発途上国は開発が優先事項であると主張したが、先進国は環境保護と保全を主要な問題として主張した。

1982年のナイロビサミットは、ストックホルム会議以来の10年間の進捗状況を検討し、環境保護の取り組みを強化するよう各国政府に呼びかけ、国際協力の必要性を強調しました。しかし、西側政府とソビエト連邦との間の緊張は、ナイロビ行動計画への進展とコミットメントを損なった。

1983年に国連環境開発委員会が設立され、1987年に委員会はブラントランド報告書を発行しました。この報告書は、公平性、成長、環境の維持が同時に可能であり、各国がその資源基盤を強化すると同時に最大限の経済的可能性を達成できることを強調した。環境保護、経済成長、社会的公平という持続可能な開発の3つの基本的な要素を強調しました。

1972年から92年の間に、環境保護と環境保護のための200以上の地域的および国際的な協定と条約が採択されました。しかし、これらの協定のほとんどは個別に交渉され、「別個の事業体」として扱われ、多くは持続可能な開発の社会的、経済的、環境的枠組み内での体系的な統合に欠けています。

1992年、地球サミットは、21世紀の環境と開発に関する議題を審議し、交渉するために世界の政府をもたらしました。並行するグローバルフォーラムで、世界中の非政府組織も持続可能な開発のための戦略を議論し、審議しました。これらの2つの会議の間には正式なやり取りはほとんどありませんでしたが、世界の市民社会は彼らの声に気付かせることに成功しました。これは、将来の対話と、ローカルレベルからグローバルレベルまでの持続可能な開発体制への市民社会の積極的な参加に向けた重要なステップでした。

地球サミットは、詳細な作業計画、目標、責任、資金調達の見積もりなど、持続可能な開発に向けた行動の包括的な青写真であるアジェンダ21を満場一致で採択しました。その他の重要な成果には、リオ宣言、環境保護と開発に関する国家の行動を導く広範な原則の声明、気候変動と生物多様性に関する条約の採択、および森林管理の原則が含まれます。リオ宣言の最初の原則は、「人間は持続可能な開発に対する懸念の中心にある」と述べています。宣言はまた、自然の保護と保全のための重要な考慮事項として、「汚染者負担原則」と「予防原則」を強調しました。

環境の変化に対する脆弱性、環境の悪化と生物多様性の損失の責任、または政策の優先事項に取り組むかどうか、関係する特定の人々のグループ、およびそれらの社会的、経済的、環境的条件の慎重な検討が不可欠です。人、つまり権利、能力、機会に注目することは、個人、社会、環境との関係に複数のメリットをもたらします。

議題21は、異なる集団が環境への影響について「共通だが差異のある責任」を持っていることを指摘した。リオでは、考え方は世界のさまざまな地域でトレンドを収束させるという目標に支配されていました。発展途上国が追いつく一方で、豊かな国はますます環境意識を高め、過剰な消費とそれに関連する公害や廃棄物を抑えるという明確な希望がありました。これは実現していません。

消費自体は、人間の幸福を改善する重要な側面の1つであるため、避けるべきものではありません。同様に重要なのは、幸福、消費レベル、環境への影響の関係は、価値システム、ガバナンスの形態を含む制度の有効性、科学、技術、知識に依存するという認識です。

アジェンダ21を持続可能な開発のための行動に変えることにおける進展の欠如は、持続可能な開発に関する2002年ヨハネスブルグ世界サミットにつながります。ヨハネスブルグは、約500のそのようなパートナーシップを支持することにより、持続可能な開発のための官民パートナーシップに力を入れましたが、これらの契約のほとんどは実施されませんでした。

ヨハネスブルグサミットの前に、2000年9月に、世界中の政治指導者は、持続可能な開発の優先課題、すなわち貧困、飢er、教育、性別に関連するミレニアム開発目標(MDGs)の具体的な2015年目標を設定するという前例のない措置を講じました、健康、環境の持続可能性、開発のためのグローバルパートナーシップ。これらの問題はすべて相互に関連しています。 1つは他に取り組むことなく解決することはできません。 2007年までの進展は、これらのMDGの多くが2015年までに実現する可能性が低いことを示しています。

地球サミットの世界の国々は、アジェンダ21の実施のための資金源を動員できず、ヨハネスブルグのWSSDはアジェンダを行動に変えることができませんでした。教育と人的資本の重要な問題もWSSDの議題にありませんでした。科学技術の能力は不可欠であり、世界中の教育研究機関にはこれに貢献するという基本的な責任があります。

教育は、社会の変化するニーズと願望に対処するための生涯学習システムで構成されています。 2005年に開始された国連持続可能な開発のための教育の10年は、持続可能な開発を支援するために、学校から大学まで、あらゆるレベルで教育を改革し動員するための基盤を築きました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。