「気候変動との戦い」

「気候変動との戦い」

気候変動と戦うために1兆本の木を植える。気候変動から世界を救うために?次に、いくつかの種子を蒔く。いくつかの苗をつかみ、明日がないかのように木を植え始める。それらは少なくとも1兆本を目標にする。

それはたくさんの木のように聞こえるかもしれませんが、地球にはふしくれだった弓や枝がある。都市と農業地域を除外した新しい研究で、研究者たちは、この惑星には約350万平方マイル(900万平方キロメートル)の樹木があることを発見している。そのような新しく植えられた木は、大気中の炭素(温室効果ガス二酸化炭素の一部)をほぼ25%削減し、ほぼ100年間見られなかったレベルまで下げることができると科学者は述べている。

この研究は、これらの樹木が世界のどこに植えられ、どのくらいの炭素を貯蔵できるかを示している (樹木は大気から二酸化炭素を取り出し、それを光合成と呼ばれるプロセスで使用し、成長させて、最終的に葉や他の部分にその炭素を貯蔵する。)

ロシアは583,000平方マイル(150万平方キロメートル) 、397,700平方マイル(100万平方キロメートル)の米国が続きくと研究者は話た。次の上位候補は、302,700平方マイル(784,000平方キロメートル)のカナダ、223,900平方マイル(578,900平方キロメートル)のオーストラリア、191,900平方マイル(497,000平方キロメートル)のブラジル、中国では、155,200平方マイル(402,000平方キロメートル)の新しい緑が可能で、全体として、この面積は米国のサイズとほぼ同じだともいう。

「私たちは皆、森林の回復が気候変動への取り組みに貢献できることを知っていましたが、これがどのような影響を与えるかについて科学的に理解していませんでした」と、チューリッヒのスイス連邦工科大学の生態学の助教授であるトーマス・クロウザー上級研究員( ETHチューリッヒ)が述べているが、チームの計算は、「森林再生が現在利用可能な最良の気候変動ソリューションであることを明確に示しています」とクロウザーは付け加えといる。

真剣に、これらの地域に木を植えることは、地球の森林に覆われた土地を3分の1増加させるが、それは都市や農業での人間の使用に影響を与えない。これらの木が成熟すると、2,225億トン(2,050億メートルトン)の炭素、または産業革命以来人間が大気中に放出した330億トン(3,000億メートルトン)の炭素の約3分の2を貯蔵できる。

展開する緑は、地球の温暖化気候を制限するのに役立ち、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最新のレポートでは、さらに380万平方マイル(1,000万平方キロメートル)の森林地を追加すると、2050年までに気候の変化が華氏2.5度(摂氏1.5度)に制限されることがわかっている。気候変動要因は急速に加速する傾向があるため、その目標を達成するには、レポートで計算されたIPCCよりも多くの木が必要になる可能性があることを意味している(続く)。科学者の計算や机上論ではなく、現実にすぐ行動に移すことを始めたい。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。