「気候変動を止めるために数十億本の木を植えることはできない」

「気候変動を止めるために数十億本の木を植えることはできない」

サイエンス誌の新しい研究は、森林が気候変動への取り組みにおいて果たすことができる役割を強調していた。研究者は、森林を最大の可能性に戻すことで、大気中の二酸化炭素(CO2)を25%削減することができると推定している。この研究は気候変動との戦いに希望をもたらすと言ううが、他の専門家は解決策はそれほど単純ではないと警告している。

スイスのETHチューリッヒの科学者が率いるこの研究では、惑星にはより多くの木を保持できる9億ヘクタールの土地があると判断している。これらの地域を森林に変えることは気候変動の大きな変化になりと著者は示唆した。この研究は、おそらく地球上でどの程度の土地が樹木被覆を支えることができるかについて、これまでで最高の評価で」と、研究に関与していないコネチカット大学の森林生態学者で名誉教授であるロビン・チャズドンは言う。森林の回復は思ったほど簡単ではないことをすぐに指摘している。森林化が可能なすべての地域が、必ずしも森林化されるべきではない。それは、地元の生態系を考慮し、近隣のコミュニティへの樹木の影響を考慮することは、グローバルな樹木修復を実行可能にするために不可欠であるとも言う。言い換えれば、気候変動と炭素を吸う木と戦うためには、できる限り木を植える以上の計画と戦略が必要なことである。

どこでも木
サイエンスペーパーの著者によると、ロシア、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ブラジル、中国の6か国だけが、世界の樹木再生の可能性の50%以上を保有しています。 彼らが特定したすべての領域が復元された場合、彼らはさらに200ギガトンの炭素が空気から吸い出され、木に閉じ込められると推定します。 著者らによると、その数字は歴史的な人工炭素排出量の3分の2を表しています。

しかし、気候科学のニュースWebサイトCarbon Briefのアナリストであるジーク・ハウスファーザー(Zeke Hausfather)は、研究が発表された直後にTwitterでこれらの結論に異議を唱えている。ハウスファーザーは、人間活動からの累積炭素排出量を約620ギガトンと推定するGlobal Carbon Projectの最新のレポートを引用して、バスティンの予測は実際には過去の排出量の3分の1にすぎない可能性があると指摘した。この問題には、単に木を植える以上のものが必要になる可能性があることを思い出させてくれると彼は言う。

「それは、再植林が重要な緩和戦略ではないと言っているのではなく、他のすべての気候ソリューションと同様に、それが特効薬ではなく戦略のより大きなポートフォリオの一部であることを警告するだけです」と、ハウスファーザーは結論付けている。

生態学的考察
2011年、ドイツは2030年までに3億5千万ヘクタールの木を復元することを目的としたグローバルな取り組みであるボンチャレンジを開始した。これまでに、約50ヶ国が契約に署名した。しかし、それらの約10%には、意図した量の木を復元するのに十分な空き容量がない。知っている限り、彼らは森林を意図していない場所に植えていることになる。

属していない場所に木を置くことの意味は深刻で、 誤った植物相は、地元の生態系を破壊し、生物多様性を弱め、給水を枯渇させ、火災を起こしやすい地域を作る可能性がある日本やアイルランドのような国々は、計画が不十分な植林活動の結果をすでに経験していが、これらの国で植林するために1種、または2種の樹種だけを使用すると、生態系の混乱が生じる。科学研究の著者であるジャン・フランソワ・バスタンは、生態系の回復を行う際に在来種を尊重することの重要性に同意している。 私たちは植林や、樹種について話しているのではありません。 私たちは自然の生態系の回復について話しているだけです。と彼は強調している。 彼の研究では、植える木に関する情報は提供されていないが、さまざまな分野の推奨事項のリストの作成に取り組んでいると彼は言う。

とにかく実現可能なのかである。バスタンと同僚が主張する木だけで大量のカーボンテイクダウンを達成することは技術的な課題になる。 特定された土地の可能な区画はすべて、木で完全に覆われている必要がある。その土地が覆われると国が経済的潜在力を失うことを考えると、これはありそうにないことで、政治家はそうすることに熱心ではない。さらに、国境沿いの地域では、物流上の課題が生じる可能性がある。大規模な森林再生プロジェクトのコストは言うまでもなく—研究では考慮されていない制限がある。また、新しい森林が大量の炭素を蓄えるのに十分に成熟するまでに何十年もかる。 しかし、バスティン自身の研究が示唆しているように、気候変動は樹木の回復に利用可能な地域を徐々に減少させるため、時間が非常に重要になる。 彼らのモデルに基づく気候変動が現在の速度で継続すると、2050年までに2億2000万ヘクタール以上の潜在的な森林が失われる可能性があると言う。

別の問題は、使用される木のタイプである。 Natureで発表された以前の研究では、ボンチャレンジからのすべての修復コミットメントのほぼ半分がプランテーションの形であり、炭素の貯蔵には最適ではないことがわかっている。しかし、ユニバーシティカレッジ・ロンドンおよび英国のエジンバラ大学の同僚と分析を行った森林生態学者のサイモンルイスは、植林が気候変動にほとんど影響を与えないことを恐れている。「森林は、10年ごとに収穫されるプランテーションではなく、長期的に維持される天然林でなければなりません」とルイスは言っている。 「はい、植林は木が成長している間、急速に炭素を吸収します。しかし、それらの木が使用されるとすぐに、その炭素の多くは大気中に戻ります。」ルイスはまた、バスティンの共著者であるトーマス・クロウザーによる、「森林再生は現在利用可能な最良の気候変動ソリューションである」という主張を却下した。「それは、はっきりと正しくありません。気候変動の最良の解決策は、化石炭素を地中に保つことです」とルイスは言います。他の専門家も、バスティンの研究をめぐる誇大宣伝が、長期的には問題となる可能性のある問題と主要な解決策についての誤解を生み出しているという懸念を提起している。彼らは、植林に焦点を合わせると、政策立案者が炭素排出量を削減し、気候変動を止めるために他の努力をすることから注意をそらすことができるのではないかと恐れている。

熱帯雨林ソリューション
ジャーナルScience Advancesで発表された別の研究で、チャズドンと同僚はより焦点を絞ったアプローチを主張していた。彼らは、熱帯雨林に焦点を当てることが、木を使用して気候変動を止めるより効率的な手段であると言います。彼らは、「復元ホットスポット」と呼ばれるもので復元を最も実行可能にする利用可能なスペースとコスト機会の両方の要因を検討した。「これらは、私たちが始めるべき最も明白な場所である、ぶら下がりやすい果物の一種です」とチャズドンは言う。ブラジル、インドネシア、インド、マダガスカル、コロンビアは、復元ホットスポットが最も多い国のリストのトップになっている。

この研究は、特に熱帯地方に沿った自然林の保護と回復における行動を求めている文献の山に追加されている。しかし、森林破壊を減らすための世界的な努力にもかかわらず、伐採は、世界最大の熱帯雨林であるアマゾンで増加している。新しい衛星画像は、サッカー場よりも広いエリアが毎分クリアされていることを示唆していた。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。