「将来のパンデミックと戦うために都市をどのように再設計できるか」第四部

「将来のパンデミックと戦うために都市をどのように再設計できるか」第四部
歴史を通じて、病気の発生は都市設計に新しい革新をもたらしました。たとえば、1800年代のコレラの流行との闘いは、新しい配管システムと下水道システムの構築と過密を防ぐための新しいゾーニング法の考案を必要としました。 新しいコロナウイルスは、広範囲にわたる有給の病気休暇のような私たちの経済全体にわたるより広い変化の必要性を産むので、それは都市や建物がどのように構築されるかに影響を与えるかもしれません。
 
「私たちが設計している都市や保健区の慢性的な健康についての考えの増加に伴って起こっている興味深いネクサスがあります。 パーキンスアンドウィルの代表であるデビッドグリーンは、肥満や糖尿病を軽減するためのツールとして歩行能力などのより広い健康問題に取り組んでいる「健康地区」に取り組んできました。 「特に今後数か月間、そして来年は、都市のデザインに対する考え方を根本的に変えると思います。」
 
その一部は、伝染病や他の種類の災害が発生した場合に、すぐに別の用途に切り替えることができる建物を作ることを意味するかもしれません。
 
「私たちは公共スペースを再設計して、このような流行のために都市のロジスティクスエリアや治療エリアとしても機能できるように検討してきました」とGreenは記しています。 また、都市デザインが現在の発生にどのように影響するかを調査してい会社もあります。彼らは「人口密度などを含む都市の物理的な設計に関連するこの流行の広がりを評価するプロセスを進めているとも言います」(写真:都市の建物間の換気を分析するヒートマップ。)
 
「ウイルスのないトランジット」
優れた設計は、ウイルスが簡単に広がる可能性のある群集を減らすのにも役立ちます。 たとえば空港では、乗客が混雑した列で一緒に待たされることを強いられないように、セキュリティ検査は異なる方法で行われる可能性があります。 「新しい空港とアップグレードされた空港は、セキュリティスクリーニングレーンを増やし、旅客の流れのピンチポイントを減らすように設計されています。 「これは、自動化されたスクリーニングレーンとともに、乗客の待ち時間、混雑、および人と人との接触を減らします。」 別のアプローチでは、チャンギ空港は最近、帰国市民のための非接触スクリーニングに移行しています(2枚目の写真)。
 
空港やスタジアムで働くデザイン会社、Icrave Designの創設者兼CEOであるLionel Ohayonは、乗客が空港ではなく空港に向かう自律型バンに搭乗すると、最終的にはスクリーニングを受ける可能性があると示唆していた。 空港内では、デザインを改善することで、搭乗ゲートで待っている人の数を減らすことができます。
 
第二部「建物は、将来的に感染症と戦うための秘密兵器になる必要があります。」
 
人が飛行機に乗ると群衆を排除することは困難ですが、最大のリスクは病気の人の近くに座ることです。 機内の空気は十分にフィルター処理されているため、ウイルスはそれ以上循環しません。 そのレベルの大気質処理は他の場所でも起こっているはずです。 「私たちは公共交通システムでそれを行うことができますが、それはできません」とSOMの持続可能なエンジニアリングのディレクターであるLuke Leungも記していました。また、より多くの建物内で発生しているはずです。 「これは私たちが考えなければならないことだけでなく、これは私たちが考えなければならないことです。なぜなら、私たちは時間の90%を屋内で費やしているからです」と彼は言います。 「建物は感染症と戦うための将来の秘密兵器でなければなりません。」
 
新しいテクノロジーにより、空気をよりクリーンにすることがより費用効果が高くなっています。 たとえば、UV-C光は、空気処理システムのウイルスを除去すると同時に、装置をより長持ちさせることができます。 (従来のエアフィルターは、空気を押し込むのに多くのエネルギーを必要とするため、コストがかかることがあります。)
 
密集した地域の屋外の換気を改善するのと同様に、建物に新鮮な空気を取り込むことも重要です。 「新鮮な空気が入ってくると、何かにさらされる時間が最小限になります」。将来のテクノロジーは、もっと多くのことができるようになるでしょう。表面のウイルスをリアルタイムで検出できるセンサーが登場し、建物の居住者に警告したり、空気清浄をトリガーしたりできるようになるでしょう。
 
一部の建物では、体調不良の可能性がある人を特定するために温度スクリーニングも導入し始めています。 「中国や他のいくつかの国では、建物に入る前に赤外線温度計を使用して、または代わりに熱画像を利用して、居住者の体温を測定しています」とガウダ氏は言います。
 
「これはCOVID-19の拡散を緩和するためにすぐに展開されました。これはCOVID-19またはその他のウイルスの陽性検査とは見なされませんが、感染のリスクやマスクやその他の保護具を着用する必要性を最小限に抑えるために、両方のテクノロジーを外部から管理できます。通常、人々が熱を持っているとき、彼らは彼らの病気の非常に伝染性の段階にあります-このテクノロジーで、彼らは人から人への伝染を最小にするためにテストの適切な道と潜在的に検疫に気づかされて、向けられることができます。このテクノロジーは米国の一部の病院で見られ始めていますが、医療環境を超えたアプリケーションを備えた、すべての建物における最初の防衛線の1つと考える必要があります。」
 
・資料の中で興味深いか話し
「アウトブレイクのために設計された病院」
もちろん、病院は感染症の発生に対処するように設計することもできます。 シカゴのラッシュ大学の病院には、患者が病院に入る前に安全に評価できるように閉鎖されるように設計された救急車室があります。 内部では、ウイルスの拡散を制限する陰圧ゾーンを複数の領域でオンにすることができます。 病室も変形する可能性があります。 「これらの患者の一部のように突然、非常に病気になった場合、彼らはすぐに[緊急治療]部屋を救急医療ICU部屋に変えることができます」とパーキンスアンドウィルのシニアメディカルプランナーであり、かつての救急部です。 病院や診療所では、専用の遠隔医療センターを追加して、医師が患者を遠隔で治療し、ウイルスが広がる可能性を回避しやすくすることもできます(写真6枚目)。
 
「パークスヘルプシティブレス」
都市や建物を健全にするためのより包括的なアプローチも、人々が病気になる可能性を減らし、最も深刻な結果を回避する可能性を高めることにより、将来の流行に影響を与える可能性があります。一例として、SOMは、超高層ビルであっても、そのデザインに屋外スペースを追加し始めています。
 
屋外スペースへのアクセスが重要である1つの理由:アメリカ人の大部分はビタミンD欠乏症であり、一部の研究では、ビタミンDレベルの上昇が急性気道感染のリスク低下に関連付けられています。
 
同様に、公園への容易なアクセスは人々が外で時間を過ごすことを奨励します。公園は人々に運動を奨励し、大気汚染を減らします。汚染された空気は、喘息、高血圧、糖尿病などの健康問題に関連しており、これらすべてが新しいコロナウイルスの患者のリスクが高くなります。 (対照的に、歩きやすい地域は高血圧などの問題のリスクが低いことと関連しています。)公園は空気をきれいにすることができるという考えは新しいものではありません。 1800年代にセントラルパークやその他の主要な都市公園を建設するための正当化として使用されました。
 
「(ランドスケープアーキテクト)はその背後に科学を持っていませんでしたが、セントラルパーク、ボストンのエメラルドネックレスなどの場所を構築し、シカゴで大規模な植樹キャンペーンを行うだけで十分でした」。 過去の流行が都市デザインにどのように影響したかについて、現在の危機では、公園は避難所としても機能しています。
 
「外にいることは、私たちが今できる安全な活動の1つです。 どこにでもそれらのスペースを持つことの重要性を物語っていると思います。」The Topography of Wellness: How Health and Disease Shaped the American Urban Landscape, 1840–Present」より引用
 
「どこでも手洗い」
都市におけるいくつかの潜在的な変化は、比較的単純である可能性があります。 ルワンダのキガリでは、市が最近バス停に一時的な手洗いステーションを設置し、搭乗前にライダーに手を洗うように求め始めました。 ポータブルシンクは、小売店、銀行、レストランにも設置されています。 米国はホームレスコミュニティに近い限られた範囲で同様のことを行っていますが、この種のインフラストラクチャが公共交通機関のハブなどの主要な場所で永続的になる可能性があると想像することは可能です。
 
「あなたが街を歩いていて、実際に手を洗ったり、公衆トイレを使用したりする場所がない場合、実際に人々に、彼らが望まないかもしれないリスクを実際に負わせることを強いるシナリオを作成しました。 取る」。 場合によっては、病院の設計から手掛かりをとることが理にかなっていることがあります。この場合、人々が手を洗う可能性を高めるために、流しが意図的に配置されています。
 
「その病院のどの階でもエレベーターを降りるとすぐに、中央に手洗いエリアがあります」
 
「それはほとんど恥ずかしいことです、またはあなたは手を洗うことなくそれを通り抜けたことを知っているでしょう、そしてあなたを見ている人でいっぱいの部屋があります。」
 
インフラストラクチャと設計におけるこれらの変更は、発生した場合に迅速に対応しテストするというコミットメントなど、公衆衛生における他の変更の必要性に取って代わるものではありません。 しかし、環境の変化により将来の流行が起こりやすくなり、人口の高齢化と都市の高密度化が進むにつれて、都市デザインも変化することは理にかなっています。
 
イタリアのような国々の荒廃を知ることは、過去にオプションの追加品と考えられてきたソリューションに投資することをより多くのコミュニティに説得するのに十分かもしれません。
 
「たくさんのツールがあります」「私たちはそれらを展開していません。 これは、私たちがコミュニティの精神で、より大きな利益のために実際に変えることができると本当に考える瞬間だと思います。」
 
気候変動などの相互に関連する問題も同様であり、展開の準備ができているソリューションも持っています。 「私たちが大きすぎて変更できないという考えがありますが、そうではありません。 私たちは基本的にアーバンファブリックであり、コミュニティであり、急速に変化する可能性があります。」
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。