「地球の限界」

なぜ成長が戻らないのか:Part 1 「 気候変動、汚染、事故、環境衰退、自然災害」日本の現在の悲劇的な出来事は、リチャード・ハインベルグの新書「成長の終わり」の第3章の最終的な抜粋から、これにさらに深刻な影響を与えている。

事故や自然災害には長い歴史がある。 最初は経済成長を妨げる重要な要因になっていると考えるのが奇妙なように思えるかもしれない。 しかし、2つのことが変わっている。

第1に、人口の増加と都市インフラの拡大は、自然災害や人的災害による深刻な影響をさらに深刻化させていた。例えば、米国北西部のカスカディア地域で1700年1月26日に発生したマグニチュード8.7〜9.2の地震を考えてみる。これは、最近の世紀の最も強力な地震の1つであるが、人間の死亡者の数は、記録されていないが、おそらくかなり低かったと思われる。バンクーバー(カナダ)の都市を含む同じ地域で、今日も同様の地震が発生した場合、シアトル(ワシントン州)、ポートラン(オレゴン州)では、家屋や商業ビル、高速道路、その他のインフラストラクチャへの被害は数千億ドルにも上り、人の被害は恐ろしい数になる可能性がある。 2004年のインド洋津波の致死率は、インドネシア、スリランカ、インドの低地の沿岸地域の極端な人口密度によって悪化している。 “「地球の限界」” の続きを読む

「食糧の価格」

「Nourished Planet」インドのマンゴー、イタリアのパスタ、コロンビアのコーヒー:毎日、私たちは惑星を生き生きとした生産性の高い世界的な食糧システムに栄養を与えている。現在の慣習は人間と環境の両方の健康を損ない、その結果、栄養失調と矛盾する肥満のパラドックスが生じ、人々が空腹になっている間に動物飼料やバイオ燃料に使用される作物がある。世界中の7億9500万人の栄養失調の人々に食糧を供給することができれば。しかし、食糧の30%以上が無駄になっている。

Nourished Planetでは、Barilla Center for Food&Nutritionは、自分自身を持続的に育てるためのグローバルな計画を提供していた。有名な国際的な専門家の多様な経験を基に、この本は本当に惑星の視点を提供している。エッセイとインタビューでは、ハンズ・ルドルフ・ヘレン(Hans Herren:昆虫学者・農学者)ヴァンダナ・シヴァ(Vandana Shiva:インドの哲学者、環境活動家)、Alexander Mueller(カール・アレクサンダー・ミュラー・ノーベル物理学賞を受賞)、パヴァン・スクデフ(Pavan Suhkdev・経済学者)などが紹介されている。これらのエキスパートは、すべての人にとって食べ物に向かって地図を描き、持続可能な成長のための食糧、健康のための食糧、文化のための食べ物。これらの成分を用いて、私たちは私たちの惑星と自分自身に栄養を与えることができる(内容)。 “「食糧の価格」” の続きを読む

「創造の変化のための文化づくり:企業理念社会への移行の心理的基盤」

“Hope is rooted in men’s incompletion, from which they move out in constant search – a search which can be carried out only in communion with other men. Hopelessness is a form of silence, of denying the world and fleeting from it. The dehumanization resulting from an unjust order is not a cause for despair but for hope, leading to the incessant pursuit of the humanity denied by injustice. Hope, however, does not consist in crossing one’s arms and waiting. As long as I fight, I am moved by hope, and if I fight with hope, then I can wait.” (引用:Paulo Freire 1970: 80:原文).

主に変化を悲観的に論じる主張は、しばしば、その保全を維持するためにシステムによって永続化された育成的かつ支配的な文化を反映しているようだ。文化は人間の心理や精神に影響を及ぼし、結果として経済システムについての考え方に影響を与えている。つまり、生産システムの文化や人間関係など、社会組織の一部を変更することで、その要素はミスフィット(misfit)と感じられ、変更しやすくなる 私たちは、文化は常に進化するものであることを忘れる傾向がある。 私たちは自然的として扱う。確かに、習慣や精神的枠組みから抜け出すことは困難であるが不可能ではない。 代替文化を創造するには努力が必要だが支配的な文化を維持するための努力もある。そのための問題はどこに努力するのかである。

文化と変化 – 鶏と卵:グラバー(Grazber)とウェングロー(Wengrow)はEurozine(人間の歴史を変える方法(少なくとも、既に起こった部分)の記事で、グループサイズなどの構造的要因が文化よりも人々の関係を決定づけないことを示している。宇宙論的組織は、大規模なグループでも機能することができる。

たとえ同じグループであっても、種族組織の季節的変化が実証するように、さまざまな形態のガバナンスを適用することができる。例えば、ネイティブアメリカンは、狩猟期間中に動員するために、異なる組織を採用している。安定維持を目的としたガバナンスシステムでは、生産システムを維持するために創設された機関は、互換性のある文化と人間関係の構造を開発することに関心を持っているかもしれないとピーター・グレイは、教育機関が階層に基づいて生産を維持するように設計されているということを「Free to Learn」という本で主張している。 “「創造の変化のための文化づくり:企業理念社会への移行の心理的基盤」” の続きを読む

米国環境保護庁(EPA: Environmental Protection Agency)

米国が世界の利益を守るために軍隊を必要としているように、自国の天然資源を取り締まる(規制)する機関も必要から、 1970年以来、環境保護庁はその役割を果たし、人間の健康を守るだけでなく、土地、大気、水を守るための基準を設定し、施行してきた。

環境への公の要求:リチャード・ニクソン大統領の提案に基づき、1970年に連邦政府機関として設立されたEPAは、世紀におよぶ膨大な人口と産業成長の過程で、環境汚染に対する警報の高まりから生まれた。EPAは、長年の環境の怠慢や 横暴を何年もやり直すだけでなく、将来の世代のために自然の脆弱なバランスを守り、尊重するために、政府、産業界および国民がより良い世話をすることを確実にするために、ワシントンD.C.に本拠を置くEPAは、科学者、エンジニア、弁護士、政策アナリストなど、全米18,000人以上の従業員を雇用している。それは10の地方事務所を有する – ボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、アトランタ、シカゴ、ダラス、カンザスシティ、デンバー、サンフランシスコ、シアトルなどでは、米国大統領に任命され、直接米国大統領に答える管理者が率いるすべての研究所がある。

EPAの役割:EPAの主な責務は、連邦、州、地方の政府、民間企業が従わなければならないクリーンエア法などの環境規制を策定し、施行することである。 EPAは、議会通過のための環境法を策定するのに役立ち、制裁措置や賦課金の罰金を科す権限を持っている。EPAの成果の中には、農薬DDTの使用禁止がある。国の最悪の原子力発電所事故の現場であるスリーマイル島の浄化を監督している。エアロゾル中に存在するオゾン層破壊物質であるクロロフルオロカーボンの段階的除去を義務付け、全国の汚染された敷地の清掃に資金を提供するスーパーファンドを管理する。EPAはまた、研究助成金や大学院フェローシップを提供することによって、自国の環境問題に関わる州政府を支援する。公的教育プロジェクトを支援して、人々を個人的および公的レベルで環境保護に直接関与している。地方自治体や中小企業に環境規制に準拠した施設や慣行を提供するための資金援助を行っている。より清潔な飲料水を提供することを目的とした飲料水国営回転基金のような大規模な改善プロジェクトに資金援助を提供している。 “米国環境保護庁(EPA: Environmental Protection Agency)” の続きを読む

教育の応用と社会学の原則「社会の物理的基盤」

これは、これらの2つの章でカバーされている大地を指定するのに便利な用語である。 歴史家は「土地」と「国民」の記述で国の話を始める。

当然当局は、これらの2つの拠点が相互に重要であることと、扱われる心理的基盤と比較して、 次の2章で、または後の章で扱う組織の理想と形式について説明する。物理的な基盤がすべて重要であるという見方は、「歴史の経済的解釈」と「地理的決定論」と呼ばれてきた。 たとえば、1人の作家は、アメリカの民主主義は、人口が密集して解決したときに消え去るフロンティアライフの産物に過ぎいと主張している。

 

References

Ayres, School Buildings and Their Equipment, in Cleveland Survey.Blackmar and Gillin, Outlines of Sociology, pp. 67-81.

Buckle, History of Civilization, Chap. II. Selection in Carver, Sociology and Social Progress, pp. 174-270.

Chapin, Social Evolution, pp. 121-170.

Dexter, Conduct and the Weather, monograph supplement of Psychological Review, Vol. 2, No. 6.

Fairbanks, Introduction to Sociology, pp. 69-79.

Giddings, Descriptive and Historical Sociology, pp. 67-71, 92-96, 118-

121, 272-274.

Giddings, Elements of Sociology, pp. 13-21.

Giddings, Principles of Sociology, pp. 82-87.

Gillette, Constructive Rural Sociology, pp. 9-47.

Hayes, Introduction to the Study of Sociology, pp. 29-41.

Hoag and Terman, Health Work in Schools, pp. 133-220, five chapters on transmissible diseases, open-air schools, and school housekeeping.

Huntington, Civilization and Climate, pp. 27-33, Bahamas; pp. 35-48, tropics; pp. 40-82, seasons; pp. 111-128, weather; pp. 129-182 and 199-218, climate and civilization, all summarized in the maps on p. 200.

Huntington, The Pulse of Asia, pp. 1-16, Central Asia; pp. 125-132, the Kirghiz; pp. 223-238, the Chantos; pp. 359-385, the geographic basis of history.

Keller, Societal Evolution, pp. 256-273, arctic society; pp. 299-305 temperate climate vs. tropical.

Kelsey, The Physical Basis of Society, pp. 11-45.

Monroe, Cyclopedia of Education, “Geography”; “Guyot”; “Rit-ter”; “Maps.”

Montesquieu, The Spirit of Laws, Books XIV, XVII, XVIII.

National Society for the Study of Education, Fifteenth Yearbook, Part I, pp. 41-51, Strayer, “Score Card for City School Buildings,” with bibliography.

* Semple, Influences of Geographic Environment, especially the second chapter and the last.

Shaler, “Effect of the Physiography of North America on Men of European Origin,” in Winsor’s Narrative and Critical History of America, Vol. IV, pp. x-xxx, and reprinted in Bullock’s Selected Readings in Economics, pp. 1-22.

Small, General Sociology, pp. 405-424.

Todd, Theories of Social Progress, pp. 157-175.

Towne, Social Problems, pp. 1-17.

Treitschke, Politics, Vol. I, pp. 199-233.

U. S. Bureau of Education, Bulletin, 1914, No. 12, Dresslar, “Rural Schoolhouses and Grounds.”

Vogt, Introduction to Rural Sociology, pp. 26-34.

Ward, Climate, pp. 178-219, “The Hygiene of the Zones”; pp. 220-271, “The Life of Man in the Tropics”; pp. 272-321, “The Life of Man in the Temperate Zones”; pp. 322-337, “The Life of Man in the Polar Zones.”