未分類

1/41ページ

「未来のための準備」

  • 2020.02.23

「ランドスケープ・アーキテクチャによる気候変動の対応」 国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最近の報告書によると、「気候システムの温暖化は明白」だとコメントしている。これらIPCCによると、平均気温は驚くほど速く上昇していて、過去50年間で北半球の気温は、過去500年間の他の50年間、おそらく過去1,300年の間よりも高いと説明している。されにIPCCは、地球の表面温度が次の世紀に4℃も […]

「21世紀の都市は水によって定義される」

  • 2019.09.12

新しい、積極的な受動的な水へのアプローチは未来の持続可能で平等な都市を構築する。   典型的な雨水システムは、地下のパイプや下水道に流入し、可能な限り通りや建物から遠く離れた場所に流出し、その流出をより大きな水域に排出するという2つのことを行うように作られている。 この高度な設計されたシステムは、多くの環境問題を引き起こす。大量の水がシステムを圧倒し、流出物が汚染物質を収集し、地下水資源 […]

「洪水の回復力を高める都市」

  • 2019.09.12

6つの方法は、より洪水の回復力を高める降雨で設計する バーキンリバーサイドの開発は、洪水のリスクをランドスケープの特徴に変え、土地を水に戻し、テムズ川の氾濫原として元の機能を回復させ、既存のイーストロンドングリーングリッド生態ネットワークに接続することを目指している。 雨水貯留 キングズロードはニューキャッスル大学のキャンパス動脈であり、洪水や排水問題に悩まされている。新しい提案には、雨水の収穫と […]

「普通の哲学」

  • 2019.04.08

哲学が何故必要なのか。一般的に言って、私たちが哲学によって何を意味するのかを考えることから始めます。長い間、哲学はほとんど独占的に学術的な追求と考えられてきたことで、非常に専門的で非常に少数の専門家だけが哲学者と呼ばれることがあります。エリック シュヴィッツゲベル(Eric Schwitzgebel)が指摘しています。これは比較的新しい発展で、西側の世界では、それは古典的なギリシャにその起源をたど […]

1 41