気候変動

1/7ページ

「気候変動は、都市のレジリエンスに対する挑戦」

  • 2020.02.21

気候の回復力を生み出すことは、災害や緊急時の計画とは異なります。   気候変動の慢性的な影響は、単一の危険事象の影響を小さくした。これら2つの声明は、気候回復力を達成するための都市とコミュニティの根本的な課題を表しています。ハリケーンや竜巻などの単一の事象は、それらが出現する地域に物理的および社会的損害を与える可能性のある深刻な事象ですが、気候変動の唯一の影響を表すものではありません。それどころか […]

「気候緊急事態に関する世界の科学者たちの警告」

  • 2020.02.03

科学者には、壊滅的な脅威について人類に明確に警告し、「それをそのまま伝える」という道徳的義務があります。この義務と以下に示すグラフィカルな指標に基づいて、世界中の11,000人以上の科学者署名者とともに、地球気候の緊急事態に直面していることを明確に宣言します。ちょうど40年前、50ヶ国の科学者が第1回世界気候会議(ジュネーブ:1979年)で会合を開き、気候変動の憂慮すべき傾向により行動することが緊 […]

「クールな舗装」の問題

  • 2019.10.06

ロサンゼルスの新しい研究によると、都市のヒートアイランドの問題を解決するためのツールは、あまりない副作用をもたらす可能性があります。著書「グリーンインフラストラクチャー 米国に学ぶ実践」の中でも触れていますが、最新のCoolSealについて記しておきます。 ロサンゼルスのサンフェルナンドバレーの郊外にあるサンバレーの空いている通りを歩くと、そこの道路は最近、CoolSeal(*)と呼ばれるアスファ […]

「なぜ気候変動に懐疑的な人たちがしばしば右派保守派なのか?」

  • 2019.10.04

気候変動の科学的証拠は明確です。積極的に出版している気候科学者の97%は、人間の活動が地球温暖化を引き起こしていることに同意しています。同じ証拠を考えると、なぜ人によって引き起こされる気候変動を懸念する人もいれば、それを否定する人もいます。特に、なぜ気候変動について懐疑的なままでいる人々が右翼保守派としてしばしば識別されるのか?カナダで行われた最近の世論調査によると、リベラルの81%と新民主党の8 […]

「16歳の気候運動家」

  • 2019.10.04

9月の最後の週には、世界中で何百万人もの人々が気候変動の行進に参加し、気候変動に対する世界的な不活動に抗議しました。 10代の気候活動家グレタ・トゥンバーグが率いる若者の気候変動運動や、米国のサンライズ運動や英国の絶滅の反乱などのその他の社会運動は、気候変動に関する言説を効果的に作り変えています。 1年の間に、これらの活動家は、行動に失敗した政治家やビジネスマンを呼ぶことを恐れない若者の恐怖と希望 […]

1 7