グリーンインフラによる炭化水素の処理「土壌+植物」

植物と土のような自然のシステムがなぜ取り除くのかと、しばしば疑問を抱いていたことがあったが、米国での研修以降、環境の中の化合物を管理する自然のプロセスを信じ、設計システムや管理に対して、より多くの意識と研究を求めるようになった。そう考えると、今まで、自然の緩和プロセスを強化する方法でこれらのシステムを保護し強化していなかったのかが残念である。

雨水を管理するためにグリーンインフラストラクチャを使用する(比較的)最近の傾向は、その方向性の一歩である。特に注目されているのは、非常に都市的な環境にあり、道路に隣接して配置され、あらゆる種類の汚染物質で汚染された道路からの雨水の流出を管理するためのバイオリテンション施設と土壌である。炭化水素を含む問題は、これらの人工の「天然」システムが捕獲された雨水中の炭化水素を効果的に処理できるかどうかにある。その答えは非常に効果的であった。

“グリーンインフラによる炭化水素の処理「土壌+植物」” の続きを読む

「景観の想像力」

過去20年間の間でジェームズ・コーナー(James Corner)の著書は、これほど難解なランドスケープの媒体を発見する旅を呼びかけるものだった。 当時の最も著名なランドスケープ・アーキテクトの一人として、彼の著作は、彼の建造された作品と同じくらい、フィールドを進歩させる手段でもあった。

この景観の想像力は、1996年に出版されたアメリカ景観を横断して以来、Corner自身のエッセイだけで構成された最初に書かれたプロジェクトである。この2つの本の間の20年間で、Cornerはここに集められたエッセイを書いている。彼の象徴的なデザイン作品(例えば、ニューヨークのハイライン)は、Cornerの幅広く語られた風景を彷彿とさせるときに、文化の中での風景の深い役割を豊富に徹底的に評価する。景観の想像力は、Cornerの進行中の調査の分野に従ってまとめられたエッセイを用いて、時間的によりもテーマに沿って編成されている。「表現と創造性」「景観都市主義」実践。エッセイの多くは数年前に書かれたものだが、コレクション内での順序付けによって新鮮なものになっている。 “「景観の想像力」” の続きを読む

我々が直面する問題「気候変動・過密・生物多様性の消滅」

「生物多様性の消滅」人々が繁殖するにつれて、彼らは他の種を置き換える。 人間は、牛、豚、犬、猫、その他の家畜とともに、すべての陸棲哺乳動物バイオマスの約97%を占めると推定されています。 他の3%はすべての鹿、キツネ、クマ、ゾウ、そして世界の残りの野生の陸生哺乳類の中で、そしてすべてで構成されています。 一方、森林破壊やその他の土地利用の影響も、世界の植物の生物多様性に荒廃しつつあります。

図版:農業革命の幕開けまで、地球上の大部分の陸棲哺乳類は野生であった。 それは動物の家畜化との過去1万年の間にシフトしているが、人間と私たちの哺乳類(大部分は食糧のために育てられた)が地球を占領したのは、過去1世紀までではありませんでした。今日、野生種は地球上の哺乳類の総重量の約3%しか占めていません(出典:Vaclav Smil、生物圏の収穫(2012年) Nathan HagensとPaul Chefurkaが作成したデータ)。 “我々が直面する問題「気候変動・過密・生物多様性の消滅」” の続きを読む

我々が直面する問題「気候変動・過密・生物多様性の消滅」

「過密」19世紀の初めに世界の人口は約10億人に達しました。 それ以来1世紀では75億人に成長しました。現在の成長率は1.1%です。それは何の問題もないように思えるからもしれませんが、一定の増加率は長期的には維持できません。複合成長の年率1%で約70年で倍になります。 私たちの人数が毎年1%増え続ければ、人口は今後数千年間で157兆人を超えることになります。 もちろん、それは惑星地球上では物理的に不可能です。 いずれにしても、人口増加はある時点で終了するでしょう。 いつ、どのような状況で?

図:人間の人口は、19世紀に入って10億人未満の人々から、今日75億人以上に増加し、上昇している最後の2世紀に指数関数的に増加しています(出典: United Nations Population Division.)。 “我々が直面する問題「気候変動・過密・生物多様性の消滅」” の続きを読む

我々が直面する問題「気候変動・過密・生物多様性の消滅」

「問題」人類は常に私たちの生態系の限界によって課せられた課題に直面しています。私たちの人口は繁栄し、飢饉や災害の間に減少しています。また、私たちはいつも環境に影響を与えてきました。恐らく動物の数を含む、かなり短期感のリスト(数百にも及ぶ)の絶滅につながったり、また、錫(スズ)や鉛を採掘する時や川の近くで革を鞣している工業化以前の時代に環境汚染を引き起こしました。それは今日の課題と影響の規模であり、種としての何十億年もの間に遭遇したこととは異なります。現在、私たちの多くは今のところ私たち一人一人は(平均して)環境への影響がはるかに大きいはず。さらに、人口は急速に増え続けています。気候変動は人類史上最悪の公害問題であり、すでに惑星全体に影響を及ぼし、将来の世代の生存を脅かすものです。

そして、他の種は現在絶滅の危機にさらされている植物種の3分の2、すべての哺乳類の5分の1、両生類の3分の1の「バックグラウンド」または通常の速度の少なくとも1000倍が絶滅しています。人類の規模と環境への影響はどのように急速に拡大したのか? 私たち人間は、何世紀もの間に道具を開発し、新しい環境を探求してきました。私たちの努力は19世紀から始まりました。 主な稼働は、石炭、石油、天然ガス – 化石燃料の形で安価で集中したエネルギー源であった。これらは自然からの唯一の贈り物であり、すべてを変えました。

“我々が直面する問題「気候変動・過密・生物多様性の消滅」” の続きを読む