「明日の田園都市」

「ハワード・ガーデン・シティ・オブ・トゥモロウ」は、近代都市計画の最初の専門書ですが、本と著者の誤解が多くあります。
 

厳密に言えば、「明日の田園都市」は単に都市計画の本ではなく、ハワードは伝統的な都市プランナーではありません。 ハワードの「社交的都市」の考えは、社会改革主義のユートピアンの明確な考え方を伴うが、20世紀の都市計画の歴史において最も重要で影響力のある傑作である。

“「明日の田園都市」” の続きを読む

「The Ecological Design and Planning Reader]

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(Henry David Thoreau)からレイチェル・カーソン(Rachel Carson)まで、作家たちは工業化の影響とその周辺の世界を恒久的に変える可能性について長い間検討してきました。今日、急速な世界の都市化が進む中で、日々の食糧、仕事、避難所、レクリエーションのニーズに対応するための自然環境への圧力が大幅に強化されています。人間の運用と生態学的な懸念とのバランスを取る努力は、これまで以上に必要とされています。 “「The Ecological Design and Planning Reader]” の続きを読む

「水の端で気候レジリエンスを構築する」

我々は挑戦的な時代に生きている。 地球温暖化のショックとストレスは、あらゆる形態のコミュニティーに影響します。 海と嵐の急増が沿岸地域の沼地を襲っています。 市の住人や農家でも、洪水や干ばつが聖書的な割合で訪れています。 森林火災や土砂崩れは、死に瀕している樹木や不毛の丘の上を歩いています。 馴染みのないウイルスは、暖かい温度で範囲が広がる害虫で北向きに移動します。

これらの複雑で複雑な課題に直面して生き残り、成功するためには、地域社会全体や流域全体で協力する能力を築く必要があります。 また、自然をコントロールし、意志に向かって曲げようとするのではなく、自然と自然のプロセスで作業する必要があります。一緒に働く能力と自然と一緒に働く能力の2つの要素は、気候の回復力の鍵です。

信頼と協力、共通の価値観と規範の発展は、気候変動への戦略と解決策に投資できる社会資本を作り出します。 生態系サービスとブルー&グリーンインフラストラクチャの形での自然資本は、柔軟性のない単一目的のエンジニアリングソリューションよりも柔軟性が高く、適応性があり、コスト効率が高いです。

自然資本や社会資本は、特に他の資本と比較して過小評価されており、持続不可能で不公平な選択や行動によって侵食されているため、不足している。 気候災害を回避または回復するコミュニティの能力は、両方の適切な供給があるかどうかによって決まります。 “「水の端で気候レジリエンスを構築する」” の続きを読む

「 気候変動が私たちを病気にしている」

気候変動が私たちの健康を傷つけています 。アレルギーの季節はより激しく、かつてないほど早く到着しています。5年間の干ばつはセントラルバレー(カリフォルニア)に数千も残っており、清潔な水は健康に欠かせません。熱波は糖尿病、心臓および呼吸器疾患の患者の命を脅かします。

洪水やその他の極端な天候により、患者は自宅を離れ医療を中断します。アンケート結果によると、全国の医師の大多数が現在、気候変動の健康への影響を見ていることがわかります。先週ホワイトハウスが発表した主要な新しい報告書は、その影響を調べ、率直に言って恐ろしいことです。

熱が最も大きな影響を及ぼしています。2003年のヨーロッパでは、過去7年間で熱波が数万人の人々を殺しました。カリフォルニアでは、2006年の熱波がわずか2週間で650超過死亡し、 16,000以上 2100年までに、毎年夏に数万人の早産児が発生する可能性があります。極端な熱は特に致命的ですが、平均気温のわずかな上昇でさえ健康が悪い人に壊滅的な影響を与える可能性があります。 “「 気候変動が私たちを病気にしている」” の続きを読む

「気候変動動植物運動に関する考え方」

生き残るためには常に変化する環境に適応する必要がありました。 多くの種にとって、これは動きを意味しています。 しかし、近代的な気候変動のために動いている種にとって、旅行はこれまでのようなものではありません。 まず、ルートがあります。開発、農業、インフラという名前で景観を変えることで、私たち人間はどんな種類の種の移動にとっても容易にはなりませんでした。そして、気候変動のペースがあります。スタンフォードの気候科学者は、次の世紀の変化率は、過去6,500万年の気候変動よりも少なくとも10倍速くなると警告しています。2011年の調査によると、気候変動に対応した種の動きは、以前に推定された2〜3倍の速さで起こっています。が、それは十分に速いのか? 種はペースを保つことができるのか。 “「気候変動動植物運動に関する考え方」” の続きを読む