「米と水 何世紀もの間に多様化した歴史」

  • 2012.06.01

常盤にも秋の気配が感じられる。田んぼの稲穂は今年も元気のようだ。一方で、都市はストームウオーター(ゲリラ豪雨)が年々増加し、被害も多くなっている。JXDAでは、ランドスケープを通して水(雨)に関するメッセージを伝えてきた。そのことにおいて、日に日に反響も多く頂く。そのどの文章にも気象異変、地球温暖化という文字が挨拶代わりのように書き記されている。しかし、温暖化が問題であるのかには、賛否両論がある。 […]

「環境の価値観」

  • 2012.06.01

4月初旬に春雪があった。連休は夏日のような暑さで庭の草木は、日に日に勢を増す。と、思えば急に温度が下がり、先週末は薪ストーブが復活。例年にない?温度差は15度も違う、季節はずれの常盤の春であった。これも地球温暖化のせいなのだろうか? 話題は環境の話である。今は、まさに環境の時代であるのだろう。そして、環境といえば地球温暖化であり、ゴミ問題に食の安全にエネルギーと、まるで地元の季節セールのチラシのよ […]

1 79