「円形景観評価プロセスの提案」第4回

円形景観評価プロセスの提案:これまでに提示された様々なアイデアをリンクすることで、景観の持続可能性の概念化に新たな貢献を提案することができます。これまで見てきたように、リソースベースのアプローチは、関与する関係者に意味を提供する意味での風景の使用関連値を示しています。その部分については、非実用的アプローチは主に、景観の存在価値、特に俳優のための単なる実体として景観の存在を促進する審美的価値に関係する。次に、景観の本質的価値を特定し、関連する主体の判断において、景観の価値をその特異な現実で表現する。非実用的アプローチの発展が示すように、景観利用価値(美的価値)と内在価値の3つの概念はお互いに補完し合い、相互の悪影響を是正する。したがって、景観の持続可能性の確立には、「循環景観評価プロセス」(図1参照)と呼ばれる提案を展開する必要があります。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

図:ランドスケープ評価の循環プロセス。 景観に関する政治的議論で使われた議論の線は、喜びを与えている景観の価値の1つを指す点で、しばしば還元的である。 これを行う際には、議論を暗黙的に使用価値に集中させ、他の(存在および内在)価値を排除する。

 

 

“「円形景観評価プロセスの提案」第4回” の続きを読む

「景観への非実用的アプローチ」第3回

私たちは今、景観保全を取り巻く議論に対する特定の景観と単一景観の概念的な違いの貢献を実証する予定です。この景観への非実用的なアプローチは、ヨーロッパで少なくとも18世紀にさかのぼり、イギリスとアメリカの哲学、特に環境に関連してここ数十年間に開発された、非常に多様化した研究分野を指す。

非実用的アプローチの意義:ランドスケープとの関係の非実用的概念は、前述のリソースベースのアプローチに関連する特定の障害ブロックの概念的な明確化を提供することを可能にする。我々が見てきたように、後者は、人間の主体の視点、すなわち景観の利用者の視点を優先する。これとは対照的に、景観に対する非実用的なアプローチは、景観を対象としたものに重点を置いていると言えます。それが提供する喜びのための風景を消費するという問題は、リソースベースのアプローチの変種の1つで、正確には価値観を提示するものは、人間の景観体験です。後者は喜びを経験する手段にすぎません。たとえば、その視覚的表現や、多かれ少なかれ類似している別の風景は、原則として多くの楽しみを提供することができます。言い換えると、リソースベースのアプローチでは、景観は、同じ効果を生み出す可能性のある別のものに簡単に置き換えられる体験の対象です。 “「景観への非実用的アプローチ」第3回” の続きを読む

「ランドスケープに対するリソースベースのアプローチ」第2回

風景の定義

地理学だけでなく他の学問分野においても、景観に対する数多くのアプローチが存在する。ランドスケープに関するホリスティックなアプローチの採用は、ランドスケープ関連の理論と方法論の非互換性によってしばしば妨げられている。基本的に、文化的景観の4つの概念を区別している。これについては、以下に示す理論的根拠を参照してください。

視覚芸術と表現関連する文化主義的アプローチによれば、景観は、自然界で観察される要素の観客による認識と、これらの要素と、「スキーマ:schema」との一致に対応する。すべての創作活動ではなく、特に絵や写真撮影。この風景の概念は、18世紀の英国の特徴的な「視覚文化」に完全に描かれている。文化的アプローチの支持者の視点から見ると、景観は文化的に構成されたレンズの助けを借りて主に視覚的に評価されます。真に見ることは不可能であり、単に「見る」ことが可能で、風景は絵画に似たフレーム・ビューによって賞賛される。景観の文化的定義の文脈において、後者はそれを経験する人間の主題の専ら懸念である文化的事実である。 したがって、景観の不安は、とりわけ以前に内面化されたスキーマの認識のためのメカニズムに依存する。 “「ランドスケープに対するリソースベースのアプローチ」第2回” の続きを読む

「ランドスケープリソースからランドスケープコモンズへ」第1回

風景はますますリソースとして概念化されています。このアプローチは、景観が「経済活動に有利な資源を構成し、保護、管理、計画が雇用創出に貢献できる」と主張する欧州景観条約(欧州評議会2000)によって採択されたときに、国際的に認められた。このような景観に関するリソースベースの構想への移行は、持続可能な経営を考えるうえで必要な段階として広く提示されています。ここでは、資源価値に焦点を当てて資源保全アプローチが陽性を示しているにもかかわらず、多くの複雑な景観や実用的な景観の葛藤に対する十分な正当性はないと主張している。言い換えれば、ランドスケープには、リソースベースのアプローチが適切に理解できない他の値があります。フィレンツェ宣言(景観は共通の利益である)を考慮した景観に関するフィレンツェ宣言(UNESCO 2012年)を再掲し、コモンズとしての風景の概念化が矛盾を解決することを提案している。このように、資源ベースのコモンズベースのアプローチから、コモンズベースのアプローチへの概念的な移行には、景観のさまざまな価値とそれぞれの関係を詳細に理解する必要があります。 “「ランドスケープリソースからランドスケープコモンズへ」第1回” の続きを読む

「ランドスケープアーキテクチャが学ぶべき気候と気象学」

気象学とは何にか?

気象と気候はすべて私たちの周囲にありり、それは私たちの仕事と遊びに影響します。年々、天気に関連する災害は、毎年何十万人もの死者を引き起こし、気象に関連した被害は、年間数十億円にのぼります。このため、気象学は私たちにとって特に重要です。気象学は以下の通りです。

  • 大気物理学:空気力学、放射測定、地磁気などの気象学に物理的プロセスを適用する。
  • ライフサイエンス:生物が気象学とどのように作用するかを理解する。
  • 気象と気候:過去、現在、未来の天気と気候を学ぶ。

気象学をさまざまな方法で分けることができます。しかしここで地質学を忘れずに見る方法があります。

  •  気象学:生物圏への影響など、短期・長期の気象/気候パターンの研究。

気象および気候:短期および長期:気象学の主な焦点は、気候/気候の化学と物理の研究です。長期的な天気パターンについては、気候学は過去と、気候変動が将来にどのように影響するかを研究します。

あなたが過去の気象パターンを具体的に研究したいと思うなら、古気候学は、先史時代の気候が地質学的な時間スケールでどのように変化したかを調べます。古気候学は熱帯低気圧に特有のものである。

一方、気圧測定の研究では、大気圧が測定され、それが気象と気候にどのように関係しているかが測定されます。地形気候学は、地形の救済とそれが下層空気層の地方気候にどのように影響するかに焦点を当てています。

“「ランドスケープアーキテクチャが学ぶべき気候と気象学」” の続きを読む